日本俳優連合 オフィシャルウェブサイト

Japan Actors Union

フリーランス・芸能関係者のハラスメント対策のパブリックコメント提出のお願い

約 2 分

【フリーランス・芸能関係者のハラスメント対策のパブリック・コメント提出のお願い】

フリーランス芸能関係者のハラスメント対策関連するパワーハラスメント指針である「事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針等の一部を改正する件(案)」について、政府がパブリックコメントの募集を開始しました(締め切り:12月20日)。

私たちは今夏ハラスメント実態調査アンケートでご協力いただいた1218名の声を厚生労働省に届けて参りましたが、労働政策審議会案は、正規労働者には事業者にハラスメントの防止「措置義務」を課したのに比べ、フリーランスで仕事をしている人たちには、「対策を講じることが望ましい」という、かなり拘束力の弱いものになっています。

正規労働者もフリーランスも同じように事業者の仕事に従事しているのに、このような扱いの差別をつけることは、法の下の平等原則に反する、あってはならない事です。アンケート調査を行った日本俳優連合、マスコミ文化情報労組会議、パラレルキャリア・フリーランス協会は、フリーランスの人々にも正規労働者と同じ、ハラスメント防止のため「措置義務」、少なくとも「配慮義務」を明記すべきだと話し合っています。

あなたは、どうお考えになりますか?どうぞ、パブリックコメントを出してくださるようお願いいたします。
リンク:パブリックコメント提出先
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495190288&Mode=0